五町「演芸会」  11月14日(日)

2010年11月24日

鹿の子台と周辺4町(長尾・道場・八多・大沢)で構成する神戸リサーチパークまちづくりクラブが、毎年春と秋の2回開いている「五町めぐり探検」、今回は「八多編」でした。

5つの町が毎回交代で催しており、鹿の子台以外ではわが町の歴史遺跡や神社仏閣を紹介するハイキングが中心に催されてきましたが、今回は趣きを変えて各町の腕自慢が出演する演芸会となりました。

オープニングは、山谷まちづくりクラブ会長、坂東北区長、岡田八多町自治協議会会長の挨拶に続いて、八多太鼓のみなさんによる「呼び込み太鼓」。その後、各町から選ばれた各3グループの演技が始まります。朝10時からスタートした演技は、尺八独奏、銭太鼓、舞踊、コーラス、大正琴演奏などさまざま。フラダンスまで繰り出して、熱演のため予定の午後2時30分をオーバーして3時過ぎまで続きました。

鹿の子台からは、サマーフェスタでもおなじみの「ちむどんどん」のエイサー、「楽踊会」の踊り、そして「老人クラブ・サークル鹿の子」によるコーラスが、日頃の練習の成果を披露しました。

出演していただいた皆さま、開催スタッフとしてご支援いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

engei_001.jpg ・・・続きを見る

第11回文化作品展  H22年11月6~7日

2010年11月22日

鹿の子台地域福祉センターが開設された平成12年から始まり、今年で11回目を迎えました。例年通り全館を展示会場として、1階多目的ホールでは総合展示、談話室では学校の児童による絵画、小中学生の書、工作など、廊下には生け花、そして階段ホールでは北神戸中学校生徒のポスターがところ狭しとばかり飾りつけられました。さらに、1階に喫茶コーナーも設けられ、作品を鑑賞しながらひと休みでき、おしゃべりにも花が咲いていました。

毎年新作の展示出品があり、その作品数も増えてきているようです。

≪行事催行担当:花水木の会≫
bunka_001.jpg

・・・続きを見る

ホームページ開設にあたって

2010年11月22日

pict01.jpg鹿の子台ふれあいのまちづくり協議会
委員長 山 谷 博 基


鹿の子台のみなさま、こんにちは。 平素は、当協議会の活動にご理解とご支援、そしてご参加とご利用をいただきまして誠にありがとうございます。

平成11年に当協議会を設立してから、今年は12年目を迎えております。また、鹿の子台地域福祉センターが平成12年5月に開設してから11年目となります。加えて、この鹿の子台が平成3年に「街びらき」して、今年は20周年を迎えました。

 20年といえば、人でいえば成人式にあたります。心身の成長を遂げ、成熟へと向かうターニング・ポイント。その記念となる事業を考えてまいりましたが、このたび兵庫県が展開している「県民交流広場」を申請し、地域指定を受けることになりました。この事業の詳しい制度内容は、県のホームページをご覧いただくこととして、当協議会では5つの新しい活動を提案し、その活動に必要な施設・設備の整備を実施いたします。

まず、当協議会の活動を広く地域のみなさまに知っていただき、参加していただくために、当協議会のホームページを開設することにしました。このホームページは、単にふれまち協と地域福祉センターの情報のみでなく、総合的な地域情報の発信基地としての役割をめざしています。どうぞ、ご活用をお願いいたします。

また、鹿の子台の「県民交流広場」の事業計画については、トップページ左側にあるコンテンツメニューをクリックしてご覧ください。

1