鹿の子台小学校20周年記念式典

2010年12月27日

shikiten.jpg

11月27日(土)鹿の子台小学校体育館にて20周年記念式典が行われました。


まずは、藤原校長先生よりご挨拶…校長先生手作り(!?)の人形・『かのこ だい』ちゃんと…、「これからも学校を、地域を、鹿の子を愛していき、この20周年という記念の日を大人になっても忘れないで…」と子供たちにお話をされました。


会場には初代校長先生、四代目校長先生、来賓の方々がお祝いにきて下さっていて、町ができるまでの昔の鹿の子台と開校当時の鹿の子台小学校の様子など、興味深いお話をされとても勉強になりました。

20周年記念のために全児童によってつくられた祝歌『心のサクラ』を、会場及び各教室でお祝いしている全児童で合唱し、6年生のお祝いの歌・3年生のビデオ紹介・5年生の漫才仕立ての鹿の子歴史紹介(←かなり面白かったです。)・和太鼓演奏…と盛りだくさんでした。


20年という節目を経てまた一歩成長の歴史を創った記念すべき1日に臨席させていただいた事を光栄に思います。これからも、子供たちをよろしくお願い致します。



≪鹿の子台小学校PTA≫

防コミ通信 平成22年12月

2010年12月24日

平成22年9月18日(土)に、普通救命士講習会がおこなわれました。

救命士は、災害などで命の危機に瀕している方に、救急隊員が到着するまでの間、心臓マッサージやAEDという機材を使用して、救命活動をするための講習です。

【普通救命士講習会の模様】
boukomi01.jpg


11月14日(日)には、ブロック消火訓練がおこなわれました。

主に鹿の子台南町3丁目の方々を中心に、菅谷公園で実施しました。
消火器による消火訓練や消火栓からの散水消火作業などがありました。


【ブロック消火訓練の模様】

boukomi02.jpgboukomi03.jpgまた、来る平成23年1月15日(日)には総合防災訓練をおこないます。

炊き出しや消火器による消火訓練及び資機材の展示などを行う予定です。

「とんど」と並行して鹿の子台小学校で開催しますので、ぜひお立ち寄りください。


防災福祉コミュニティ(略称=防コミ)は、インドネシアでも展開中

防コミは、阪神淡路大震災を契機に、神戸市が主導して組織した住民自主防災団体で、現在は神戸市内のすべての小学校区に設置され、活動しています。

先程、地震や津波による大きな被害が度重なっているインドネシアから視察団が神戸市を訪れ、ノウハウを持ち帰って、インドネシアでもこの組織づくりを始めました。

その名も「BOKOMI」(ボーコミ)といい、神戸市の担当職員も現地へ出向いて活動指導をするということです。                     (NHK総合テレビのニュースより)



北神戸中学校 トライやる・ウィーク

2010年12月24日

11月8日~12日の5日間、総勢241名の2年生が80もの事業所の方々に体験の場を与えて頂き、今年も「トライやる」活動を実施する事が出来ました。

やる気と不安の入り混じった気持ちで初日を迎え、事業所の方々には、お忙しい中にも関わらず心厚くご指導いただきました。

生徒達は徐々に与えて頂いた仕事を覚え、地域の皆様にも励ましの温かいお声を掛けて頂きながら、無事に活動を終えることが出きました。



働く事の厳しさ、喜び、忍耐...各々に大切な事を肌で感じとり、将来に向けての貴重な体験となりました。きっと社会の中においても一人一人が欠かせない存在なんだと、わかってくれたことでしょう。

子ども達は世の宝であり、夢や希望を胸に抱かせたい、豊かで強い心を持てるように導いてやりたいという思いをご理解くださった事業所の方々、そして地域の皆様に心よりお礼申し上げます。

本当に有難うございました。
tryyaru.jpg


≪北神戸中学校PTA≫


新しい民生委員児童委員が決まりました

2010年12月24日

 民生委員児童委員・主任児童委員は、地域の身近な相談に応じる特別職の公務員で、3年ごとに一斉改選があります。平成22年はその改選の年にあたっており、12月1日づけで新しい委員が選出されましたので、ご紹介します。
 

担当地域氏  名電話番号
鹿の子台北町1丁目
 〃 2丁目 北ハイツ11~16号棟
細 見 種 子951-7081
鹿の子台北町5丁目
 〃 2丁目 北ハイツ1~10号棟
古 川 鈴 子951-3277
鹿の子台北町3・4丁目山 谷 博 基951-6923
鹿の子台北町6・7・8丁目上 甫 木 智 美951-3875
鹿の子台南町1丁目松 田 智 佐 子952-2876
鹿の子台南町2・3丁目西 村 史 子951-0544
鹿の子台南町4・5丁目山 添 直 子953-3837
鹿の子台南町6丁目平 田 淳 二 郎952-2271
主任児童委員(全地域を担当)志 水 美 雪952-2757
主任児童委員(全地域を担当)澤 木 ゆ か 里951-7575

任期は、平成25年11月30日までの3年間です。よろしくお願いいたします。

≪鹿の子台地区民生委員児童委員協議会≫

鹿の子台北町7丁目が変わりました!! 「7丁目環境緑化グループ」の活動報告

2010年12月24日

鹿の子台北町7丁目の東側には、広大な道路の法面(のりめん=傾斜地)があります。その広さ5,500㎡。一面雑草が生い茂り、夏にはカメムシが大発生、ヘビ・マムシが出没し、それどころかイタチやタヌキまでもが住み着くありさま。ポイ捨てごみから粗大ゴミまで投棄され、覆いかぶさる雑草は道幅を半減させていました。

このありさまに業を煮やした近隣の住民が草刈りを始めましたが、到底手に負えません。そこで、自治会長が神戸市北建設事務所に相談しましたが、北区内には大きな道路法面がたくさんあり、予算の関係から1か所だけを特別扱いできない、路端から1mまでの草刈りが限度との冷たい返事。

行政にお任せでは地域環境の改善は叶わない

自分たちの居住環境は自分たちで守らねばならない


このスローガンのもとに、自治会からボランティアを募集。22名の方々が積極的に集結しました。そして、「7丁目環境緑化グループ」を結成しました。私たちは、まず
北建設事務所を通じて「神戸市道路愛護団体」の認定を受けました(平成22年3月)。

その後、この話が北区まちづくり推進課へ伝わり、北区の「地域提案型活動助成」に採択され(7月)、翌月には兵庫県の「県民まちなみ緑化事業」の指定を受けて補助金を確保し、いよいよ活動が本格化することになりました。

ボランティアの献身的な努力により、雑草を刈り取り、法面を保護し、維持管理のための通路を整備、最後に桜の苗木を植えて、この11月、ついに完成しました。


この活動を通じて、地域環境を守る大切さを自ら体感し、それが地域の人たちに浸透し、そして地域連帯の輪が広がることを期待しています。そして、この苗木を大きな木に育てるまで、活動はこれからも続けていきます。
ryokuka_01.jpgryokuka_02.jpg

写真左:「県民まちなみ緑化事業」の銘板 写真右:事業完成後の法面


整備した法面とソメイヨシノの植樹

 
ryokuka_03.jpg

1