目的

第1条
この規程は、鹿の子台ふれあいのまちづくり協議会(以下、「協議会」という。)が神戸市より管理運営委託を受けた、鹿の子台地域福祉センター(以下、「センター」という。)の利用について、必要な事項を定める。

施設

第2条
センターは、地域の福祉活動のための地域福祉活動コーナーおよび老人いこいの家の機能を備えるものとする。

開館時間および休館日

第3条
  1. センターの開館日における開館時間は、次のとおりとする。
    (1) 通常の開館時間は、午前9時から午後5時までとする。
    (2) 時間外開館時間は、午後5時から午後9時までとする。
  2. センターの休館日は、次の各号に掲げる日とする。
    (1) 毎週月曜日
    (2) 年末年始(12月28日から翌年1月5日まで)
  3. 協議会は、特に必要があると認める時は、事項の規程に関わらず開館し、または休館することが出来る。

利用申し込み

第4条
センターを利用するときは、鹿の子台地域福祉センター利用内規に基づく。

利用の制限

第5条
センターの利用目的が、次の各号に該当するときは、その利用を制限する。
(1) 個人の利用(冠婚葬祭など)
(2) 営利目的の利用
(3) 宗教活動または政治活動のための利用
(4) 公益を害し、または風俗を乱すおそれのある利用
(5) 建物または付属物を損傷するおそれのある利用
(6) 前各号に掲げるものの他協議会が不適当と認める利用

利用者の義務

第6条
センターの利用者は、つぎの各号の掲げる事項を守らなければならない。
(1) 建物および付属物を傷つけないように注意すること
(2) 器具、備品などを大切に取り扱うこと
(3) 火気の取り扱いは、特に注意すること
(4) 騒音などにより周辺住民に迷惑をかけないこと
(5) 利用後は、電気、ガス、水道の元栓を閉じること
(6) 利用後は、整理、清掃し、ゴミ等は利用者で処分すること

鍵の保管

第7条
協議会は、鍵の保管者を委員長ならびに施設管理部会長とする。

利用者の賠償責任

第8条
センター利用者は、自己の責めに帰すべき事由により、建物または付属物を損傷または汚損したときは、自己の責任により、速やかに現状に復するか、もしくは修繕費などの費用を賠償しなければならない。

その他

第9条
この規程に定めるもののほか、センターの利用について必要な事項は、協議会で定めるものとする。